マンション管理士と名乗りたい

マンション管理士になるために学んでる法律を中心に書いてます

民法 第三編 債権 第二章 契約 第十一節 寄託 第十二節 組合 第十三節 終身定期金 第十四節 和解

第六百五十七条~第六百九十六条

f:id:BLOOK69:20190301142636j:image

民法  

  第三編 債権  

    第二章 契約

      第十一節 寄託

      第十二節 組合

      第十三節 終身定期金

      第十四節 和解

 

 

第十一節 寄託

 

第六百五十七条(寄託)

 

(寄託)
第六百五十七条 寄託は、当事者の一方が相手方のために保管をすることを約してある物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

 

第六百五十八条(寄託物の使用及び第三者による保管)


(寄託物の使用及び第三者による保管)
第六百五十八条 受寄者は、寄託者の承諾を得なければ、寄託物を使用し、又は第三者にこれを保管させることができない。


2 第百五条及び第百七条第二項の規定は、受寄者が第三者に寄託物を保管させることができる場合について準用する。

 

第六百五十九条(無償受寄者の注意義務)


(無償受寄者の注意義務)
第六百五十九条 無報酬で寄託を受けた者は、自己の財産に対するのと同一の注意をもって、寄託物を保管する義務を負う。

 

第六百六十条(受寄者の通知義務)


(受寄者の通知義務)
第六百六十条 寄託物について権利を主張する第三者が受寄者に対して訴えを提起し、又は差押え、仮差押え若しくは仮処分をしたときは、受寄者は、遅滞なくその事実を寄託者に通知しなければならない。

 

第六百六十一条(寄託者による損害賠償)


(寄託者による損害賠償)
第六百六十一条 寄託者は、寄託物の性質又は瑕疵によって生じた損害を受寄者に賠償しなければならない。ただし、寄託者が過失なくその性質若しくは瑕疵を知らなかったとき、又は受寄者がこれを知っていたときは、この限りでない。

 

第六百六十二条(寄託者による返還請求)


(寄託者による返還請求)
第六百六十二条 当事者が寄託物の返還の時期を定めたときであっても、寄託者は、いつでもその返還を請求することができる。

 

第六百六十三条(寄託物の返還の時期)


(寄託物の返還の時期)
第六百六十三条 当事者が寄託物の返還の時期を定めなかったときは、受寄者は、いつでもその返還をすることができる。


2 返還の時期の定めがあるときは、受寄者は、やむを得ない事由がなければ、その期限前に返還をすることができない。

 

第六百六十四条(寄託物の返還の場所)


(寄託物の返還の場所)
第六百六十四条 寄託物の返還は、その保管をすべき場所でしなければならない。ただし、受寄者が正当な事由によってその物を保管する場所を変更したときは、その現在の場所で返還をすることができる。

 

第六百六十五条(委任の規定の準用)


(委任の規定の準用)
第六百六十五条 第六百四十六条から第六百五十条まで(同条第三項を除く。)の規定は、寄託について準用する。

 

第六百六十六条(消費寄託)


(消費寄託)
第六百六十六条 第五節(消費貸借)の規定は、受寄者が契約により寄託物を消費することができる場合について準用する。


2 前項において準用する第五百九十一条第一項の規定にかかわらず、前項の契約に返還の時期を定めなかったときは、寄託者は、いつでも返還を請求することができる。

 


第十二節 組合

 

第六百六十七条(組合契約)

 

(組合契約)
第六百六十七条 組合契約は、各当事者が出資をして共同の事業を営むことを約することによって、その効力を生ずる。


2 出資は、労務をその目的とすることができる。

 

第六百六十八条(組合財産の共有)


(組合財産の共有)
第六百六十八条 各組合員の出資その他の組合財産は、総組合員の共有に属する。

 

第六百六十九条(金銭出資の不履行の責任)


(金銭出資の不履行の責任)
第六百六十九条 金銭を出資の目的とした場合において、組合員がその出資をすることを怠ったときは、その利息を支払うほか、損害の賠償をしなければならない。

 

第六百七十条(業務の執行の方法)


(業務の執行の方法)
第六百七十条 組合の業務の執行は、組合員の過半数で決する。


2 前項の業務の執行は、組合契約でこれを委任した者(次項において「業務執行者」という。)が数人あるときは、その過半数で決する。


3 組合の常務は、前二項の規定にかかわらず、各組合員又は各業務執行者が単独で行うことができる。ただし、その完了前に他の組合員又は業務執行者が異議を述べたときは、この限りでない。

 

第六百七十一条(委任の規定の準用)


(委任の規定の準用)
第六百七十一条 第六百四十四条から第六百五十条までの規定は、組合の業務を執行する組合員について準用する。

 

第六百七十二条(業務執行組合員の辞任及び解任)


(業務執行組合員の辞任及び解任)
第六百七十二条 組合契約で一人又は数人の組合員に業務の執行を委任したときは、その組合員は、正当な事由がなければ、辞任することができない。


2 前項の組合員は、正当な事由がある場合に限り、他の組合員の一致によって解任することができる。

 

第六百七十三条(組合員の組合の業務及び財産状況に関する検査)


(組合員の組合の業務及び財産状況に関する検査)
第六百七十三条 各組合員は、組合の業務を執行する権利を有しないときであっても、その業務及び組合財産の状況を検査することができる。

 

第六百七十四条(組合員の損益分配の割合)


(組合員の損益分配の割合)
第六百七十四条 当事者が損益分配の割合を定めなかったときは、その割合は、各組合員の出資の価額に応じて定める。


2 利益又は損失についてのみ分配の割合を定めたときは、その割合は、利益及び損失に共通であるものと推定する。

 

第六百七十五条(組合員に対する組合の債権者の権利の行使)


(組合員に対する組合の債権者の権利の行使)
第六百七十五条 組合の債権者は、その債権の発生の時に組合員の損失分担の割合を知らなかったときは、各組合員に対して等しい割合でその権利を行使することができる。

 

第六百七十六条(組合員の持分の処分及び組合財産の分割)


(組合員の持分の処分及び組合財産の分割)
第六百七十六条 組合員は、組合財産についてその持分を処分したときは、その処分をもって組合及び組合と取引をした第三者に対抗することができない。


2 組合員は、清算前に組合財産の分割を求めることができない。

 

第六百七十七条(組合の債務者による相殺の禁止)


(組合の債務者による相殺の禁止)
第六百七十七条 組合の債務者は、その債務と組合員に対する債権とを相殺することができない。

 

第六百七十八条(組合員の脱退)


(組合員の脱退)
第六百七十八条 組合契約で組合の存続期間を定めなかったとき、又はある組合員の終身の間組合が存続すべきことを定めたときは、各組合員は、いつでも脱退することができる。ただし、やむを得ない事由がある場合を除き、組合に不利な時期に脱退することができない。


2 組合の存続期間を定めた場合であっても、各組合員は、やむを得ない事由があるときは、脱退することができる。

 

第六百七十九条


第六百七十九条 前条の場合のほか、組合員は、次に掲げる事由によって脱退する。

一 死亡

二 破産手続開始の決定を受けたこと。

三 後見開始の審判を受けたこと。

四 除名

 

第六百八十条(組合員の除名)


(組合員の除名)
第六百八十条 組合員の除名は、正当な事由がある場合に限り、他の組合員の一致によってすることができる。ただし、除名した組合員にその旨を通知しなければ、これをもってその組合員に対抗することができない。

 

第六百八十一条(脱退した組合員の持分の払戻し)


(脱退した組合員の持分の払戻し)
第六百八十一条 脱退した組合員と他の組合員との間の計算は、脱退の時における組合財産の状況に従ってしなければならない。


2 脱退した組合員の持分は、その出資の種類を問わず、金銭で払い戻すことができる。


3 脱退の時にまだ完了していない事項については、その完了後に計算をすることができる。

 

第六百八十二条(組合の解散事由)


(組合の解散事由)
第六百八十二条 組合は、その目的である事業の成功又はその成功の不能によって解散する。

 

第六百八十三条(組合の解散の請求)


(組合の解散の請求)
第六百八十三条 やむを得ない事由があるときは、各組合員は、組合の解散を請求することができる。

 

第六百八十四条(組合契約の解除の効力)


(組合契約の解除の効力)
第六百八十四条 第六百二十条の規定は、組合契約について準用する。

 

第六百八十五条(組合の清算及び清算人の選任)


(組合の清算及び清算人の選任)
第六百八十五条 組合が解散したときは、清算は、総組合員が共同して、又はその選任した清算人がこれをする。


2 清算人の選任は、総組合員の過半数で決する。

 

第六百八十六条(清算人の業務の執行の方法)


(清算人の業務の執行の方法)
第六百八十六条 第六百七十条の規定は、清算人が数人ある場合について準用する。

 

第六百八十七条(組合員である清算人の辞任及び解任)


(組合員である清算人の辞任及び解任)
第六百八十七条 第六百七十二条の規定は、組合契約で組合員の中から清算人を選任した場合について準用する。

 

第六百八十八条(清算人の職務及び権限並びに残余財産の分割方法)


(清算人の職務及び権限並びに残余財産の分割方法)
第六百八十八条 清算人の職務は、次のとおりとする。

一 現務の結了

二 債権の取立て及び債務の弁済

三 残余財産の引渡し


2 清算人は、前項各号に掲げる職務を行うために必要な一切の行為をすることができる。


3 残余財産は、各組合員の出資の価額に応じて分割する。

 


第十三節 終身定期金

 

第六百八十九条(終身定期金契約)

 

(終身定期金契約)
第六百八十九条 終身定期金契約は、当事者の一方が、自己、相手方又は第三者の死亡に至るまで、定期に金銭その他の物を相手方又は第三者に給付することを約することによって、その効力を生ずる。

 

第六百九十条(終身定期金の計算)


(終身定期金の計算)
第六百九十条 終身定期金は、日割りで計算する。

 

第六百九十一条(終身定期金契約の解除)


(終身定期金契約の解除)
第六百九十一条 終身定期金債務者が終身定期金の元本を受領した場合において、その終身定期金の給付を怠り、又はその他の義務を履行しないときは、相手方は、元本の返還を請求することができる。この場合において、相手方は、既に受け取った終身定期金の中からその元本の利息を控除した残額を終身定期金債務者に返還しなければならない。

 

2 前項の規定は、損害賠償の請求を妨げない。

 

第六百九十二条(終身定期金契約の解除と同時履行)


(終身定期金契約の解除と同時履行)
第六百九十二条 第五百三十三条の規定は、前条の場合について準用する。

 

第六百九十三条(終身定期金債権の存続の宣告)


(終身定期金債権の存続の宣告)
第六百九十三条 終身定期金債務者の責めに帰すべき事由によって第六百八十九条に規定する死亡が生じたときは、裁判所は、終身定期金債権者又はその相続人の請求により、終身定期金債権が相当の期間存続することを宣告することができる。


2 前項の規定は、第六百九十一条の権利の行使を妨げない。

 

第六百九十四条(終身定期金の遺贈)


(終身定期金の遺贈)
第六百九十四条 この節の規定は、終身定期金の遺贈について準用する。


第十四節 和解

 

第六百九十五条(和解)


(和解)
第六百九十五条 和解は、当事者が互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することによって、その効力を生ずる。

 

第六百九十六条(和解の効力)


(和解の効力)
第六百九十六条 当事者の一方が和解によって争いの目的である権利を有するものと認められ、又は相手方がこれを有しないものと認められた場合において、その当事者の一方が従来その権利を有していなかった旨の確証又は相手方がこれを有していた旨の確証が得られたときは、その権利は、和解によってその当事者の一方に移転し、又は消滅したものとする。

 

 


出典:e-Govウェブサイト(https://www.e-gov.go.jp
「民法」(総務省)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089 )を加工して作成)を加工して作成)を加工して作成)を加工して作成

参考文献
公益財団法人 マンション管理センター.平成30年度版 マンション管理の知識.(株)住宅新報出版,2018,978p
高橋文雄 .2018年度版 これだけ!マンション管理士 試験対策ノート.(株)建築資料研究社,2018,513p