マンション管理士と名乗りたい

マンション管理士になるために学んでる法律を中心に書いてます

民法

民法 第五編 相続 第七章 遺言 第三節 遺言の効力 第四節 遺言の執行 第五節 遺言の撤回及び取消し 第八章 遺留分

第九百八十五条~第千四十四条 民法 第五編 相続 第七章 遺言 第三節 遺言の効力 第四節 遺言の執行 第五節 遺言の撤回及び 取消し 第八章 遺留分 第九百八十五条(遺言の効力の発生時期) 第九百八十六条(遺贈の放棄) 第九百八十七条(受遺者に対する遺贈…

民法 第五編 相続 第六章 相続人の不存在 第七章 遺言 第八章 遺留分

第九百五十一条~第九百八十四条 民法 第五編 相続 第六章 相続人の不存在 第七章 遺言 第一節 総則 第二節 遺言の方式 第一款 普通の方式 第二款 特別の方式 第九百五十一条(相続財産法人の成立) 第九百五十二条(相続財産の管理人の選任) 第九百五十三…

民法 第五編 相続 第四章 相続の承認及び放棄 第一節 総則 第二節 相続の承認 第五章 財産分離

第九百十五条~第九百五十条 民法 第五編 相続 第四章 相続の承認及び放棄 第一節 総則 第二節 相続の承認 第一款 単純承認 第二款 限定承認 第三節 相続の放棄 第五章 財産分離 第九百十五条(相続の承認又は放棄をすべき期間) 第九百十六条 第九百十七条 …

民法 第五編 相続 第一章 総則 第二章 相続人 第三章 相続の効力 第一節 総則 第二節 相続分 第三節 遺産の分割

第八百八十二条~第九百十四条 民法 第五編 相続 第一章 総則 第二章 相続人 第三章 相続の効力 第一節 総則 第二節 相続分 第三節 遺産の分割 第八百八十二条(相続開始の原因) 第八百八十三条(相続開始の場所) 第八百八十四条(相続回復請求権) 第八百…

民法 第三編 債権 第三章 事務管理 第四章 不当利 第五章 不法行為

第六百九十七条~第七百二十四条 民法 第三編 債権 第三章 事務管理 第四章 不当利得 第五章 不法行為 第六百九十七条(事務管理) 第六百九十八条(緊急事務管理) 第六百九十九条(管理者の通知義務) 第七百条(管理者による事務管理の継続) 第七百一条…

民法 第三編 債権 第二章 契約 第十一節 寄託 第十二節 組合 第十三節 終身定期金 第十四節 和解

第六百五十七条~第六百九十六条 民法 第三編 債権 第二章 契約 第十一節 寄託 第十二節 組合 第十三節 終身定期金 第十四節 和解 第六百五十七条(寄託) 第六百五十八条(寄託物の使用及び第三者による保管) 第六百五十九条(無償受寄者の注意義務) 第六…

民法 第三編 債権 第二章 契約 第八節 雇用 第九節 請負 第十節 委任

第六百二十三条~第六百五十六条 民法 第三編 債権 第二章 契約 第八節 雇用 第九節 請負 第十節 委任 第六百二十三条(雇用) 第六百二十四条(報酬の支払時期) 第六百二十五条(使用者の権利の譲渡の制限等) 第六百二十六条(期間の定めのある雇用の解除…

民法 第三編 債権 第二章 契約 第四節 交換 第五節 消費貸借 第六節 使用貸借 第七節 賃貸借

第五百八十六条〜第六百二十二条 民法 第三編 債権 第二章 契約 第四節 交換 第五節 消費貸借 第六節 使用貸借 第七節 賃貸借 第一款 総則 第二款 賃貸借の効力 第三款 賃貸借の終了 第五百八十六条 第五百八十七百(消費貸借) 第五百八十八条(準消費貸借…

民法 第三編 債権 第二章 契約 第二節 贈与 第三節 売買

第五百四十九条〜第五百八十五条 民法 第三編 債権 第二章 契約 第二節 贈与 第三節 売買 第一款 総則 第二款 売買の効力 第三款 買戻し 第五百四十九条(贈与) 第五百五十条(書面によらない贈与の撤回) 第五百五十一条(贈与者の担保責任) 第五百五十二…

民法 第三編 債権 第二章 契約 第一節 総則

第五百二十一条〜第五百四十八条 民法 第三編 債権 第二章 契約 第一節 総則 第一款 契約の成立 第二款 契約の効力 第三款 契約の解除 第五百二十一条(承諾の期間の定めのある申込み) 第五百二十二条(承諾の通知の延着) 第五百二十三条(遅延した承諾の…

民法 第三編 債権 第一章 総則 第四節 債権の譲渡 第五節 債権の消滅

第四百六十六条〜第五百二十条 民法 第三編 債権 第一章 総則 第四節 債権の譲渡 第五節 債権の消滅 第一款 弁済 第一目 総則 第二目 弁済の目的物 の供託 第三目 弁済による代位 第二款 相殺 第三款 更改 第四款 免除 第五款 混同 第四百六十六(債権の譲渡…

民法 第三編 債権 第一章 総則 第三節 多数当事者の債権及び債務

第四百二十七条〜第四百六十五条の五 民法の規定する多数当事者の債権及び債務関係とは、原則として債権者又は債務者のいずれか一方が複数である債権債務をいうが、双方が複数の場合にもこの規定を準用するものとする。 民法 第三編 債権 第一章 総則 第三節…

民法 第三編 債権 第一章 総則 第一節 債権の目的 第二節 債権の効

第三百九十九条〜第四百二十六条 民法 第三編 債権 第一章 総則 第一節 債権の目的 第二節 債権の効力 第一款 債務不履行 の責任等 第二款 債権者代位権及び 詐害行為取消権 第三百九十九条(債権の目的) 第四百条(特定物の引渡しの場合の注意義務) 第四…

民法 第二編 物権 第十章 抵当権 第四節 根抵当

第三百九十八条の二〜第三百九十八条の二十二 根抵当権とは、担保される債権を普通の抵当権のように特定せずに、一定範囲に属する不特定の債権を極度額まで担保する特殊な抵当権のことをいう。 極度額とは、増減変動する多数の債権をあらかじめ当事者間で定…

民法 第二編 物権 第九章 質権 第一節 総則 第二節 動産質 第三節 不動産質 第四節 権利質

第三百四十二条〜第三百六十六条 質権とは、債権者がその債権の担保として債務の弁済を間接に強制するとともに、弁済がされない場合には、その物から優先弁済を受けることができる約定担保物権である。 約定担保物権とは、抵当権と同じく、当事者間の契約に…

民法 第二編 物権 第八章 先取特権 第一節 総則 第二節 先取特権の種類 第三節 先取特権の順位 第四節 先取特権の効力

第三百三条〜第三百四十一条 先取特権は、法律の定める特定の債権を有する者が、債務者の一定の財産から、他の債務者より優先して弁済を受けることができる法定担保物権である。 民法 第二編 物権 第八章 先取特権 第一節 総則 第二節 先取特権の種類 第一款…

民法 第二編 物権 第四章 地上権 第五章 永小作権 第六章 地役権 第七章 留置権

第二百六十五条〜第三百二条 民法 第二編 物権 第四章 地上権 第五章 永小作権 第六章 地役権 第七章 留置権 第二百六十五条(地上権の内容) 第二百六十六条(地代) 第二百六十七条(相隣関係の規定の準用) 第二百六十八条(地上権の存続期間) 第二百六…

民法 第二編 物権 第三章 所有権 第一節 所有権の限界 第二節 所有権の取得 第三節 共有

第二百六条〜第二百六十四条 マンションが存在している敷地は、建物とは別個独立した不動産である土地であるが、区分所有者は、この土地に対する所有権の共有持分を持っているのが普通である。このようなマンションの専有部分を所有するための建物の敷地に関…

民法 第二編 物権 第一章 総則 第二章 占有権 第一節 占有権の取得 第二節 占有権の効力 第三節 占有権の消滅 第四節 準占有

第百七十五条〜第二百五条 民法 第二編 物権 第一章 総則 第二章 占有権 第一節 占有権の取得 第二節 占有権の効力 第三節 占有権の消滅 第四節 準占有 第百七十五条(物権の創設) 第百七十六条(物権の設定及び移転) 第百七十七条(不動産に関する物権の…

民法 第一編 総則 第七章 時効 第一節 総則 第二節 取得時効 第三節 消滅時効

第百四十四条〜第百七十四の二 時効とは、真実の権利関係と異なる事実状態が長年にわたって継続した場合、その事実状態を尊重して権利関係を認める制度をいう。 民法 第一編 総則 第七章 時効 第一節 総則 第二節 取得時効 第三節 消滅時効 第百四十四条(時…

民法 第一編 総則 第五章 法律行為 第六章 期間の計算

第九十九条〜第百四十三条 代理とは、他人である代理人が本人のために相手方に対して独立して意思表示をすることによって、本人が直接、法律効果を取得する制度である。 民法 第一編 総則 第五章 法律行為 第三節 代理 第四節 無効及び取消し 第五節 条件及…

民法 第一編 総則 第三章 法人 第四章 物 第五章 法律行為 第一節 総則 第二節 意思表示

第三十三条〜第九十八条の二 民法 第一編 総則 第三章 法人 第四章 物 第五章 法律行為 第一節 総則 第二節 意思表示 第三十三条(法人の成立等) 第三十四条(法人の能力) 第三十五条(外国法人) 第三十六条(登記) 第三十七条(外国法人の登記) 第三十…

民法 第一編 総則 第一章 通則 第二章 人 第一節 権利能力 第二節 行為能力 第三節 住所 第四節 不在者の財産の管理及び失踪そうの宣告

第一条〜第三十二条の二 民法 第一編 総則 第一章 通則 第二章 人 第一節 権利能力 第二節 行為能力 第三節 住所 第四節 不在者の財産の管理 及び失踪の宣告 第一条(基本原則) 第二条(解釈の基準) 第三条 第四条(成年) 第五条(未成年者の法律行為) …